蜂須賀敬明のしゅみラークル

趣味にまつわるあれこれを、おつたえします。

2019年の東京ヤクルトスワローズ 1周目

プロ野球が開幕し、

スワローズは各カードを1周しましたね。

(1周とは、セ・リーグのすべてのチームと戦うこと)

 

蓋を開けてみれば阪神との開幕カードは1勝2敗と負け越すものの、

それから4カード連続の勝ち越しで、

まさかの首位で2周目に突入することになりました。

 

打線は水物なものですから、

さすがに今日は打てんやろ……と思いながら、

毎日のように2桁得点で相手チームを容赦無くブチ倒していくのを見て、

ほくほくとしておりました。

 

成績を見てみると、実は0点で抑えた試合が1試合もないので、

打線が下降していくと、怖いなあと思っています。

打たれたなら、打ち返せばいいというのが最近のスワローズのスタイルですが、

はたしてどこまで続くのか。

個人的にはなるべく3連敗しないように、

着々とカード勝ち越しを目指して行ってもらいたいものです。

 

1周目の注目点としては、日ハムからやってきた太田の活躍でしょう。

リリーフの秋吉と先発の高梨というトレードのタイミングで、

スワローズに加入した太田は、

まるで川端が乗り移ったのではないかと思うほど、

ミート力の高いバッティングが光り、

開幕早々に離脱してしまった坂口の穴を埋めて、

余りある活躍をしてくれました。

 

2周目からは各チームともデータが揃ってくるので、

1周目のようにばしばし打てるようなことは減るかもしれませんが、

太田にはぜひそこにもアジャストしてもらい、

スワローズの安打製造機として地位を築いていってもらいたいものです。

 

あとはなんといっても村上の存在でしょう。

あの構え、どう見ても筒香じゃないですか?

無論、筒香選手にはまだ遠く及ばない実績ではあるのですが、

7番にあれだけ堂々とした構えの大きな選手がいるというのは、

他球団からすれば脅威なのではないでしょうか。

 

もう少し先発陣が安定してくるのを望みつつ、

引き続きスワローズを応援していきたいと思います。

ゴーゴー、スワローズ!