蜂須賀敬明のしゅみラークル

趣味にまつわるあれこれを、毎日おつたえします。

大乱闘スマッシュブラザーズDXの話

本来ならもっと早くスマブラに触れておくべきだったのでしょうが、

そういうわけにもいきませんでした。

 

64で発売されたニンテンドーオールスター!大乱闘スマッシュブラザーズは、

この作品も、普段ゲームをしない友達も、とりあえず遊ぶ、

というレベルの爆発的にヒットしていました。

 

ですが、1999年は小学6年生の年であり、

翌年に中学受験を控えた僕は、ゲームが制限されていました。

RPGなら一人でこっそり遊ぶことができたのですが、

スマブラはやはり友達と遊ばないと物足りず、

ほかの友達も塾で大忙しだったので、

スマブラが狂ったように楽しい、という噂を後輩や受験をしない組から、

聞かされており、とても悶々としていました。

 

それから数年してゲームキューブでスマブラの続編が発売されると知った時、

64でできなかった分、とことんやりこんでやるぜえ、

と強く意気込んだことはご理解いただけることでしょう。

 

すごく今更なことですが、任天堂のキャラクターが一堂に会し、

乱闘騒ぎをするというコンセプトは本当に楽しいですよね。

マリオとフォックスがドンパチしながら、ピカチュウに吹っ飛ばされていく、

なんていうビジョンは、小さい頃から彼らに触れてきた身としては、

夢のような光景と言えます。

 

僕はそこまで格ゲーをやり込めるタイプではないのですが、

使用できるキャラクターをどんどん解放していく楽しみや、

サンドバッグくんをホームランバットで吹っ飛ばすミニゲームなど、

ライトな格ゲーファンにも楽しめる様々な要素が含まれているのも、

広く愛される理由のように思えます。

ちなみに僕はロイ使いでした。

 

スマブラの悲しい思い出としては、

友達と遊ぶために、ひとりっ子にもかかわらずコントローラーを4つ買い、

うきうきと対戦する姿を想像したのですが、

僕の入った中学は東京や千葉、神奈川など様々なところから生徒が通っていたので、

友達の家に集って遊ぶ、というのはかなりビッグイベントになってしまうのです。

結果、星飛雄馬のクリスマスパーティのように、

待っても誰もやってくることはなく、

結果、夏休みに遊びに来たいとこと大乱闘する時にしか、

使われないことになってしまいました。

 

それから、コントローラーは1人分だけ買って、

みんなで遊ぶ時は、持ってきてもらえばいいんだという、

ごく当たり前のことを学ぶことができました。

 

友達とゲームする時には、コントローラーだけでなく、

通信ケーブルや無線設定など、様々な障壁が存在し、

それどのように解決していくか苦心したのも、

なんだか懐かしい思い出ですね。