蜂須賀敬明のしゅみラークル

趣味にまつわるあれこれを、おつたえします。

チョコボの不思議なダンジョンの話

不思議のダンジョンシリーズで、

はじめにやったのがこの作品でした。

 

基本的に、僕はゲームスタイルが脳筋なので、

とにかくレベルを上げて、強い武器を装備して、

強い技を使うという戦い方しかできず、

この手の、頭を使わなければ先に進めないゲームは、衝撃的でした。

ムキになってダンジョンに潜っても、返り討ちにあうだけなんですよね。

 

トルネコの大冒険とこの作品は、

いわゆるローグライクゲームという、新しいゲームの遊び方を、

広く世に浸透させたという意味で、大きな革命でした。

 

新しいゲームの遊び方という点としては、

この作品はディスク2枚組なのですが、

本編とは別に収録されているのが、不思議なデータディスクという、

FF7やFFT、サガフロといった作品の、

最強データが保存できる斬新なものでした。

 

クロノ・トリガーの強くてニューゲームは、

一度クリアしなければ行えませんでしたが、

これは本当に最初からめちゃ強いデータではじめることができます。

 

いきなり強いデータではじめて何が楽しいのか、

と思う方もいらっしゃるとは思いますが、

僕は小さな頃から結構な数の、RPGはやってみたいけど、

何か敷居が高そう。でも、ゲームの話をみんなとはしてみたい。

という声を聞いたことがありました。

このディスクがあれば、物語を追ったり、

随所随所の演出は楽しめたりできるわけです。

 

ファミコンからSFC、64にPSというように、

ハードの進化に伴って物語のスケール感も増し、

映画なら観ているだけで物語がどんどん先に進んでいきますが、

ゲームは自分で進めなければ次の物語が見えない、

という壁があったのも事実です。

 

そういった声を反映させたのかは定かではありませんが、

物語をサクサク進めさせる措置としての、

強いデータの入ったディスクを公式が配布するという試みは、

新しい遊び方の、小さな革命だったようにも思えます。

 

何を楽しいと感じるかは千差万別ですが、

様々な楽しみ方の入り口は、多ければ多いほど窓口は広がり、

広く普及していくのではないか、と僕は感じています。

 

そういう意味では、チョコボの不思議なダンジョンは、

遊び方の多様性が感じられる作品なのかもしれませんね。